スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

ルール

2008.08.28 00:08  FREEDOM

むかしむかしあるところに、しょう・じきおくんというおとこのこがすんでいました。
しょう・じきおくんはとてもしょうじきなおとこのこで、うそをつくのがだいきらいでした。

しょう・じきおくんはおよぐことがだいすきでした。いつもじてんしゃでうらやまへいって、ひみつのぬまでおよぎをたのしんでいました。

あるひのこと、しょう・じきおくんがいつものようにぬまでひとおよぎしてじぶんのかはんしんをみると、はいているはずのみずぎがなくなっていました。ふりちんじょうたいです。

「こいつはうっかりだ。みずぎをぬまのなかにおとしてきてしまった」

しょう・じきおくんはいえからみずぎいちまいのかっこうできていたので、このままではふりちんじょうたいでいえまでかえらないといけなくなります。それだけはさけたいとしょう・じきおくんはおもいました。

しょう・じきおくんはみずぎをさがすためにもういちどぬまにはいることにしました。しょう・じきおくんがかたあしをぬまにつけたそのときです。

ざぶーん。ざばばばばーん。

ぬまのなかからほーむれすのようなかっこうをしたおじいさんがあらわれました。

「ひゃあ」
といってしょう・じきおくんはこしをぬかしてしまいました。もちろん、ふりちんじょうたいです。

おじいさんは、しょう・じきおくんをみおろしながらこういいました。
「きみがぬまにおとしたのは、このきんのこんどーむかね。それとも、このぎんのこんどーむかね」

しょうじきもののしょう・じきおくんは、「いいえ、おじいさん。ぼくがおとしたのはみずぎです」と、ふりちんじょうたいでこたえました。

おじいさんはいいました。
「なんとしょうじきなしょうねんじゃ。おまえにはこのきんのこんどーむとぎんのこんどーむをあげよう」

しょう・じきおくんはこまりました。「そんなものいらない」とおもったからです。
こんどーむをそうちゃくしたところで、あるいみふりちんじょうたいよりもひわいなかんじになり、そのかっこうでいえまでかえれるわけがありません。そもそも、こんどーむなんてものは、かのじょのいないじぶんにとっては、むようのちょうぶつにまちがいありません。

「いくらきんやぎんでできているこうきゅうひんでも、じつようてきでなければいみがない」
というのが、しょう・じきおくんのかちかんであり、じろんでした。

いっこくもはやくみずぎをかえしてほしかったしょう・じきおくんは、「おじいさん、はやくかえらないと、おかあさんがしんぱいしてしまいます。ぼくのみずぎをもっているのなら、はやくかえしてください」とこんがんしました。

しかし、おじいさんはにやにやしながら、「いやじゃ。みずぎをかえしてほしかったら、いっせんまんえんよういしろ。それともふりちんじょうたいのまま、いえにかえるかね?」といいました。

しょう・じきおくんは、「ふざけんな、このくそじじい」とおもいましたが、くちにはだしませんでした。

しょう・じきおくんはいらいらしてきました。
そして、「このじじいさえいなければよかったのに」とおもいはじめました。

しょう・じきおくんはどうやってこのじじいをころそうかあたまをひねりました。

「よし、くびをしめよう」としょう・じきおくんはおもいました。
しょう・じきおくんはおじいさんにとびかかり、くびをぎゅっとしめつけました。

おじいさんは、「く、くるしい。はなせ。わしがわるかった」といってゆるしをこいました。
しかししょう・じきおくんはゆるしませんでした。

じぶんのきもちにしょう直に、お爺さんの首を絞め続けたのです。

その時でした。
お爺さんの口から、赤ん坊の様な生き物が飛び出してきました。

正・直夫君は驚き、お爺さんの首から手を離しました。

まず赤ん坊の様な生き物は正・直夫君の眼球をグリッとえぐり取りました。

正・直夫君は「ぎゃああ。目が。目がああ」と言って目を押さえてのたうち回りました。血がたくさん出ています。

次に赤ん坊の様な生き物は自分の手を出刃包丁に変形させました。そして正・直夫君のアキレス腱をスパッと切断しました。

正・直夫君は「ぎゃああ。足が。足がああ」と言って泣き出しました。血がたくさん出ています。

最後に赤ん坊の様な生き物は正・直夫君の頚動脈をブシュッと切断しました。

正・直夫君は何も言えなくなり、ただピクピクと体を震わせました。血がたくさん、たくさん出ています。

そしてとうとう、正・じきおくんはうごかなくなりました。

おじいさんが「もういいぞ」というと、あかんぼうのようないきものは、ふたたびおじいさんのくちのなかにもどっていきました。

おじいさんはいいました。
「やれやれ、これがゆとりきょういくのへいがいか。よのなかはしょうじきなだけではわたってゆけないというのに。しょうらい、このくにはどうなることやら」

おじいさんは、たいそうざんねんがりながら、ぬまのなかにもどっていきました。

ぬまのそばには、しょう・じきおくんのなきがらだけがのこりました。
もちろん、ふりちんじょうたいでした。


おわり






















































裁判官の気まぐれで、
正しい口が塞がれる。








自分で去るのが怖くなり、
介錯人に救われる。







わかってる。




まったく、報われねえよな。




それでも、




絶対に嘘はつくなよ。






にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ
スポンサーサイト

テーマ : FREEDOM - ジャンル : 日記

| コメント(16) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

なるほど。

最後の8行の為のものなんだね。

正直者がバカを見る世の中であって欲しくないですね。

Kumachan | URL | 2008.08.28 02:03

じきおくんは

みずぎをきて
おうちに
かえりたかった
だけなのに。。。

こむ | URL | 2008.08.28 11:09

しょう・じきおくんは結局嘘をつくのかな

俺の意見としては嘘をついてしまうと思う。
(((あ、ちなみに俺とか言ってるけど女です。)))

ホームレスを首絞めたらへんで漢字がでてきたw

今回も面白かったです(^^)/

岬 | URL | 2008.08.28 16:28

死体のチンコに

金のコンドーム被せておけば発見されたじきお君の死体は殿堂入り間違いなしだったのに、お爺さんは容赦なかったんですね。

日本の社会は歩けばウソつきに当たる社会なので、けしからん状況です。僕はまだ独身ですが、こんな世の中に生まれてくる赤ちゃんが可哀想だとよく思います。

日本の未来は♪

うぉう うぉう うぉう うぉう♪













softlyspokendeath | URL | 2008.08.28 20:59

Kumachanさん

平気で嘘がまかり通ってしまう世の中で、正直に生きる人間はバカを見てしまうのかもしれません。
しかし、自分には嘘をつかずに生きていきたいのです。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.08.29 19:07

こむさん

しゅうちのとおり、よのなかはふじょうりです。
なにがおきても、おどろくことはありません。
なかには、おどろくことすらゆるされないひともいるのです。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.08.29 19:11

岬さん

しょう・じきおくんは嘘をつくことなくその生涯を終えました。
最後のしょう・じきおくんの姿がカッコいいかカッコ悪いかの判断は、読んで頂いた人の判断にお任せします。

楽しんで頂けましたか。ありがとうございます!

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.08.29 19:15

softさん

生まれてくる赤ちゃんに着眼点を持っていったsoftさん、さすがですね。

自分は今回の文章の中にたくさんの皮肉を込めました。皆さんにどれだけ捉えて頂けるか楽しみです。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.08.29 19:21

久しぶりです~。

遅くなったけど
ブログにコメありがとう^^

変なコメントが多いのはなんで?
あれってどうやったらなくなるの?

あっぷる | URL | 2008.08.30 23:58

う~ん。

深い話ですな。
ぜひ、イラスト付き(漫画)で読んでみたいと思いました。
どなたか、是非。

しぷり | URL | 2008.09.01 11:22

あっぷるさん

ようこそです♪
スパムみたいなコメントですか?俺はその都度削除してます。あと特定のIPからのコメントを拒否する機能を使うとかですかね~。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.09.02 21:00

しぷりさん

誰かぜひ漫画化してください。そして印税を俺にください。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.09.02 21:02

これは

gooホームからきました。

なんとも現実的な小説ですね・・・。途中から怖かったですし・・・。


世の中何が起こるかわからないというのが切に感じました。

ケンキチ | URL | 2008.09.06 01:31

ケンキチさん

はじめまして!ようこそです。

信じがたい何かが自分の身に起きたとき、そこで自分がどんな行動を起こすのかでその後の運命が変わってくると思います。
「現実的な小説」と捉えて頂き、嬉しく思います。ありがとうございました。

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.09.07 12:56

どうしたん?

ずっと更新滞ってるから気になってたんだけど…

元気でやっちょるなら、いいんだけど…
弱っちゃってんなら、元気、送信しまっせ~!!

送信っ

ピッ!!

ヒナ | URL | 2008.10.18 21:31

ヒナさん

ヒナさんの元気、しかと受信しました!
いや、特に弱ってはなかったんですけど、さらに元気になった気がします!感謝!

妄想スカイウォーカー | URL | 2008.11.02 20:21

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード

このブログを書いてる小動物

カテゴリー的なもの

最近の記事的なもの

コメント的なもの

トラックがBACKしたあの日

月別アーカイブ的なもの

しいて言うならカウンター

あえて言うならフリースペース

ミッシングリンク

よかったら押してください↓

まあQRコードみたいなもの

ブログ内検索って感じ

いかにもRSSリンクって感じ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。