スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

連続ボッキボキ小説 『偽善者よし子』 #2

2010.09.20 08:31  偽善者よし子

狂虎とは家が近所で、幼稚園の頃からずっと一緒だ。中学校に入ってからは別々に登校しているが、小学校の頃は6年間一緒に登校していた。
だからと言って仲が良いわけじゃない。いや、前は良かった。親友だった。


あの事件が起きるまでは。


殺してやりたい。殺してやりたい。殺してやりたい。殺す。殺す。絶対殺す。

「どうしたの、良子?」

私は我に返った。

「・・・えっ、あ、ごめん!ちょっと考えごとしてた」

「ああ、そうなんだー。いまスゴくコワい顔してたよ!?」

「そ、そう?ごめんごめん・・・」

焦った。私ってすぐ顔に出るからなー。まあ「殺したい」なんて言葉までは顔には出ないだろうけど。

狂虎は休み時間になると、高確率で私の席までやってくる。自分のクラスにも友人がたくさんいるのに、わざわざ隣のクラスの私のところにくる。そして狂虎が一方的に喋りまくる。その内容は芸能ニュースがほとんどで、芸能人の誰と誰が付き合ってるとか離婚したとかそんなのばっかり。たぶん今日もそれ系の話をしにきたんだろう。

狂虎は笑顔で言った。
「あのね、すごいニュースがある!」

やっぱり。
私も笑顔で言った。
「うそー!なになに?」


狂虎は言った。

「セフトくんがうちの学校に転校してくるかもしれないの!」

「・・・えっ」


私は思わず声を詰まらせた。
なぜなら、その「セフトくん」こそ、あの事件のきっかけとなった人だから。



= つづく =
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

おおお

山本君みたく
続きは何年先かわかんないかと思ってたww

こむ | URL | 2010.09.21 13:35

こむさーん

多分こむさんだけですね、山本君を覚えてくれてるのはw

妄想スカイウォーカー | URL | 2010.09.23 22:08

パンツ返してくれない山本君ですね

のっさん | URL | 2010.09.25 20:30

のっさーん

そうですね。のっさんもこむさんも素晴らしい記憶力の持ち主w

妄想スカイウォーカー | URL | 2010.09.26 07:25

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード

このブログを書いてる小動物

カテゴリー的なもの

最近の記事的なもの

コメント的なもの

トラックがBACKしたあの日

月別アーカイブ的なもの

しいて言うならカウンター

あえて言うならフリースペース

ミッシングリンク

よかったら押してください↓

まあQRコードみたいなもの

ブログ内検索って感じ

いかにもRSSリンクって感じ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。