スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

ルール

2008.08.28 00:08  FREEDOM

むかしむかしあるところに、しょう・じきおくんというおとこのこがすんでいました。
しょう・じきおくんはとてもしょうじきなおとこのこで、うそをつくのがだいきらいでした。

しょう・じきおくんはおよぐことがだいすきでした。いつもじてんしゃでうらやまへいって、ひみつのぬまでおよぎをたのしんでいました。

あるひのこと、しょう・じきおくんがいつものようにぬまでひとおよぎしてじぶんのかはんしんをみると、はいているはずのみずぎがなくなっていました。ふりちんじょうたいです。

「こいつはうっかりだ。みずぎをぬまのなかにおとしてきてしまった」

しょう・じきおくんはいえからみずぎいちまいのかっこうできていたので、このままではふりちんじょうたいでいえまでかえらないといけなくなります。それだけはさけたいとしょう・じきおくんはおもいました。

しょう・じきおくんはみずぎをさがすためにもういちどぬまにはいることにしました。しょう・じきおくんがかたあしをぬまにつけたそのときです。

ざぶーん。ざばばばばーん。

ぬまのなかからほーむれすのようなかっこうをしたおじいさんがあらわれました。

「ひゃあ」
といってしょう・じきおくんはこしをぬかしてしまいました。もちろん、ふりちんじょうたいです。

おじいさんは、しょう・じきおくんをみおろしながらこういいました。
「きみがぬまにおとしたのは、このきんのこんどーむかね。それとも、このぎんのこんどーむかね」

しょうじきもののしょう・じきおくんは、「いいえ、おじいさん。ぼくがおとしたのはみずぎです」と、ふりちんじょうたいでこたえました。

おじいさんはいいました。
「なんとしょうじきなしょうねんじゃ。おまえにはこのきんのこんどーむとぎんのこんどーむをあげよう」

しょう・じきおくんはこまりました。「そんなものいらない」とおもったからです。
こんどーむをそうちゃくしたところで、あるいみふりちんじょうたいよりもひわいなかんじになり、そのかっこうでいえまでかえれるわけがありません。そもそも、こんどーむなんてものは、かのじょのいないじぶんにとっては、むようのちょうぶつにまちがいありません。

「いくらきんやぎんでできているこうきゅうひんでも、じつようてきでなければいみがない」
というのが、しょう・じきおくんのかちかんであり、じろんでした。

いっこくもはやくみずぎをかえしてほしかったしょう・じきおくんは、「おじいさん、はやくかえらないと、おかあさんがしんぱいしてしまいます。ぼくのみずぎをもっているのなら、はやくかえしてください」とこんがんしました。

しかし、おじいさんはにやにやしながら、「いやじゃ。みずぎをかえしてほしかったら、いっせんまんえんよういしろ。それともふりちんじょうたいのまま、いえにかえるかね?」といいました。

しょう・じきおくんは、「ふざけんな、このくそじじい」とおもいましたが、くちにはだしませんでした。

しょう・じきおくんはいらいらしてきました。
そして、「このじじいさえいなければよかったのに」とおもいはじめました。

しょう・じきおくんはどうやってこのじじいをころそうかあたまをひねりました。

「よし、くびをしめよう」としょう・じきおくんはおもいました。
しょう・じきおくんはおじいさんにとびかかり、くびをぎゅっとしめつけました。

おじいさんは、「く、くるしい。はなせ。わしがわるかった」といってゆるしをこいました。
しかししょう・じきおくんはゆるしませんでした。

じぶんのきもちにしょう直に、お爺さんの首を絞め続けたのです。

その時でした。
お爺さんの口から、赤ん坊の様な生き物が飛び出してきました。

正・直夫君は驚き、お爺さんの首から手を離しました。

まず赤ん坊の様な生き物は正・直夫君の眼球をグリッとえぐり取りました。

正・直夫君は「ぎゃああ。目が。目がああ」と言って目を押さえてのたうち回りました。血がたくさん出ています。

次に赤ん坊の様な生き物は自分の手を出刃包丁に変形させました。そして正・直夫君のアキレス腱をスパッと切断しました。

正・直夫君は「ぎゃああ。足が。足がああ」と言って泣き出しました。血がたくさん出ています。

最後に赤ん坊の様な生き物は正・直夫君の頚動脈をブシュッと切断しました。

正・直夫君は何も言えなくなり、ただピクピクと体を震わせました。血がたくさん、たくさん出ています。

そしてとうとう、正・じきおくんはうごかなくなりました。

おじいさんが「もういいぞ」というと、あかんぼうのようないきものは、ふたたびおじいさんのくちのなかにもどっていきました。

おじいさんはいいました。
「やれやれ、これがゆとりきょういくのへいがいか。よのなかはしょうじきなだけではわたってゆけないというのに。しょうらい、このくにはどうなることやら」

おじいさんは、たいそうざんねんがりながら、ぬまのなかにもどっていきました。

ぬまのそばには、しょう・じきおくんのなきがらだけがのこりました。
もちろん、ふりちんじょうたいでした。


おわり






















































裁判官の気まぐれで、
正しい口が塞がれる。








自分で去るのが怖くなり、
介錯人に救われる。







わかってる。




まったく、報われねえよな。




それでも、




絶対に嘘はつくなよ。






にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ
スポンサーサイト

テーマ : FREEDOM - ジャンル : 日記

| コメント(16) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

女万引きGメンに告白する方法

2008.08.14 09:59  FREEDOM

みんな、元気かな!?俺は元気だよ!
しかも今、全裸なんだ!ちょっと恥ずかしいけどね(*^^*)

今日はみんなに、女万引きGメンに告白するとっておきの方法を教えようと思ってるんだ!

女万引きGメンに恋心を抱く状況って、悔しいけど結構あるよね?
でもそんなとき告白する勇気が出なかったり、思いを上手に伝えられない自分がイヤになって、部屋で悶々とすることってよくあると思う。

でも今から俺が教えるマニュアルにのっとって告白すれば、大丈夫!
きっとみんなの恋は成就するから。本当だよ!

たぶんみんな「えっ!?そんな簡単な方法で!?」って思うことだろうね。
でも俺自身、今までこの方法で500人以上の女万引きGメンを落としてきたんだ。
もちろん全員、夜の情事まで漕ぎつけてるんだよ。

だから、今は疑ってるかもしれないけど心配は御無用ってワケ!
キミの熱い思い、絶対あの娘に届くからサ!


じゃあ早速、今からその方法を教えるね!メモの用意はオッケーかな?

・・・おっとっと、誰なんだい?「メモ用紙が見つからないよー!」なんて言う週刊プレイボーイは!(笑)
メモ用紙が用意出来ないなら、今すぐトイレに行ってトイレットペーパーをちぎってくればいいだろ?
それが立派なメモ用紙になることくらい火を見るより明らかじゃないか。

・・・なんだって?今度は「ペンが見つからないよー!」だって?まったく世話が焼けるなァ(笑)トホホ・・・(笑)
人差し指を噛みちぎって、出てきた血液で書けば、それが立派なペンになることくらい火を見るより明らかだろ?

まったくキミたちは・・・。
でも、俺はキミたちのそんなオッチョコチョイなところが大好きだよ!(*^^*)



じゃあ、教えるね!
スゴく簡単だから、みんなビックリするんじゃないかな。




①目当ての女万引きGメンが雇われているスーパーに行く。

②不審な態度をとる。なるべくキョロキョロ、オドオドして女万引きGメンの目を引く。

③スーパーからダッシュで外に出て、女万引きGメンに呼び止められる。

④女万引きGメンが「事務所にきてください」と言うので、素直について行き、2人きりの状況を作る。
 
⑤女万引きGメンが「カバンの中の物を全部出してください」と言うので、すかさずカバンの中からラブレターを取り出し、女万引きGメンに手渡す。




・・・これだけなんだ。簡単だろ?(笑)

こんなに簡単なのに効果はテキメンだから、もう笑っちゃいます!(笑)
♪ボ~ク、ボ~ク、笑っちゃいます~、って、「風見しんご」の曲はちょっぴり古いか!(笑)メンゴ、メンゴ(笑)

まあ早い話が、女性はサプライズにグッとくるってことサ!

これで憧れのあの娘はキミのものだよ!

本当に万引きしちゃダメだよ!犯罪だからね!でも、万引きは犯罪だけど、女万引きGメンのハートを盗むのは罪にはならないからね!(笑)な~んちゃって!(笑)
(ハハハ!俺って、バツグンに面白いこと言うよね!)


・・・えっ?なんだって?
「ラブレターの書き方を教えてほしい」!?



そんなこと俺に聞かれてもわからないよ。
「うんこ」とでも書いとけばいいじゃん。
力になれなくて本当にゴメン。



・・・じゃあ、みんなの健闘を祈ってるね!(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)


にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ

テーマ : FREEDOM - ジャンル : 日記

| コメント(14) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プライベートモード

このブログを書いてる小動物

カテゴリー的なもの

最近の記事的なもの

コメント的なもの

トラックがBACKしたあの日

月別アーカイブ的なもの

しいて言うならカウンター

あえて言うならフリースペース

ミッシングリンク

よかったら押してください↓

まあQRコードみたいなもの

ブログ内検索って感じ

いかにもRSSリンクって感じ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。