スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

花沢健吾『アイアムアヒーロー』

2009.09.09 16:35  マンガ

ハイ、とんでもない漫画が出ましたよ。

花沢健吾の『アイアムアヒーロー』です。

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が最終回になってから約1年。
待たされましたよ!俺は。1年が100年くらいに感じました!

どのくらい待たされたかは俺の気持ち悪いアツい過去記事を読んでください。

その1
その2
その3
その4

今回も言っておきますが、興味ない人は今回の俺のブログ、読まないでください。


俺の中では『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は誰が何と言おうと不朽の名作であり、現段階で「日本一面白い漫画」なわけですが、今回の漫画『アイアムアヒーロー』は現段階で「日本一先の展開が気になる漫画」です。

とりあえず、主人公の「英雄」が、自分で自分を「アイアムアヒーロー」って言っちゃう35歳のパッとしない漫画家ということだけで、ダメ人間である俺のツボに激ハマリで、この時点で既に俺のお腹はいっぱいなわけですが、今回の作品は今までの花沢作品と少し気色が違います。

それは「恐怖」が描かれていること。作品中で描かれる英雄の妄想なのか現実なのかハッキリとしない世界。今回、これがすごく怖い。これは『ルサンチマン』でも『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でもなかったなあ。

俺はダメな人間です。それは俺が一番よくわかってます。はっきりいって現実の世界はつまらないし、生きていく気がしない。

だから俺は漫画に「非現実」を求めます。

花沢の描く「非現実」は現実以上にリアルです。だから怖いし、考えさせられるし、笑えるし、泣けるんだと思います。
そして、花沢作品は、生きていく気のしない現実を、ダメ人間なりに強く生きていく方法をいつも提示してくれます。だから俺は花沢作品に魅かれるんだと思います。

今回、まったく展開読めないっすねー。花沢、さすがです。

うん、1年待っててよかった。
この漫画、たった今俺の中で「100年経っても読まれ続けるマンガ」に認定されました。(意味わかんない奴はコミックス買って読むがいい!)

とりあえず花沢はダメ人間の期待を裏切りませんでした。以上です。

銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』

にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ
スポンサーサイト

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

花沢健吾『ボーイズ・オン・ザ・ラン』エピローグ

2008.07.02 20:51  マンガ

今回も漫画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』のことについて書きますので、興味ない人は是非とも読まないでください。

この前、俺のブログの記事でボーイズ・オン・ザ・ランの最終回を「ハッピーエンドでよかったー」って書いたんだけど、→前回の記事
今週のスピリッツの単行本紹介のところにボーイズ・オン・ザ・ランの10巻の紹介が載ってあって、そこにはこう書かれていた。

「注!最終回をハッピーエンドだと思っている読者の皆様へ。続きがあります。コミックスを是非、どうぞ。」

ええっ!?

で、田西が逮捕されたという新聞の記事の絵の下に、「驚愕の描き下ろしエピローグ収録!」って書かれてある。

そんな・・・。
ハッピーエンドだと思って喜んでたのに、花沢あんまりだー、って思って、大分では今日発売された10巻を買って読んだ。

拝むような気持ちで、ハラハラしながら読んだ。で、読み終えた。

・・・ハッピーエンドじゃん。スピリッツ編集部に騙されたー。けど、よかったー。

シューマイ、よかったなあ。いじめっこに最高の復讐が出来たな。

ボーイズ・オン・ザ・ラン、これにて完結。
田西、ハナ、幸せになれよー。


ちなみに→花沢健吾『アイアムアヒーロー』についての記事
     →銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』についての記事

Wikipedia『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
Wikipedia『銀杏BOYZ』

にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

花沢健吾『ボーイズ・オン・ザ・ラン』最終回

2008.06.09 20:47  マンガ

ボーイズ・オン・ザ・ラン』の最終回、ハッピーエンドでよかったー。これ以上の幸せはないって言う終わり方。コンビニで立ち読みしてて泣きそうになったよ。
この漫画知らない人は今回の記事全く意味不明だろうから、興味ない人は読まないでください。この漫画本当に大好きだった。主人公の田西を自分に照らし合わせて読んでた。自分がダメ人間だから。それにしても急に最終回になったのは作者の花沢に何かあったのかと勘繰ってしまう。まあハッピーエンドだからいいんだけどね。ハナが最後に厳に言い放った言葉と、田西が教師に言い放った言葉が、この物語の全てを言い表しているような気がして嬉しくなった。最後に花も咲いたし。
前のブログでも語った俺の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」への熱すぎる想い

スピリッツの巻末の最後の花沢健吾のコメントを抜粋。
『ありがとうございました!早速、自分探しの旅をしてる人に「君はここにいるよ」と伝える旅に出ますよ。(花沢)』

こっちこそありがとう。こんな素晴らしい漫画を描いてくれて。絶対ダメな奴らにしかわかんない漫画だけど、それでいいと思う。自分探しの旅をしてる奴らに次回作でも勇気を与えてほしい。

エピローグについての記事
花沢健吾『アイアムアヒーロー』についての記事
銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』についての記事

Wikipedia『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
Wikipedia『銀杏BOYZ』




にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ

タグ : ボーイズ・オン・ザ・ラン

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

花沢健吾『ボーイズ・オン・ザ・ラン』

2008.06.02 22:36  マンガ

なに~~~!!『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が次回で最終回!?
今現在、俺の中で日本一面白い漫画なのに!!終わっちゃイヤだ!!
・・・と、ダダをこねてもしょうがないか。
絶対ハッピーエンドになってくれ~。

にほんブログ村 その他日記ブログ 妄想へ

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プライベートモード

このブログを書いてる小動物

カテゴリー的なもの

最近の記事的なもの

コメント的なもの

トラックがBACKしたあの日

月別アーカイブ的なもの

しいて言うならカウンター

あえて言うならフリースペース

ミッシングリンク

よかったら押してください↓

まあQRコードみたいなもの

ブログ内検索って感じ

いかにもRSSリンクって感じ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。